好きになってはいけない女性を想う男性の心理10選!禁断の恋にハマる男の本音とは?

そもそも男性は “恋愛してはいけない女 “と分かりながらも なぜ彼らは恋に落ちるのか?

人間は「他人のもの」を欲しがる心理傾向があります。何かを求める気持ちは、女性よりも男性の方が顕著です。

言い換えれば、彼らは自分たちが持てないものを欲しがっている、ないものねだりなのです。

例えば、家庭を持っている女性を好きになって、関係を持ってしまった場合、「彼女が選んだのは夫ではなく僕なんだ!」ということになり、より強い優越感を感じるようです。

その気持ちがあるからこそ、
二人への「愛」が強くなり、さらに深い恋に落ちていってしいまうのです。


好きになってはいけない女性と不倫してしまう男の本音とは?


結婚しているのはわかっているのに、妻以外の女性に惹かれてしまう。
ドラマのようですが、現実に多くの男性がそう感じたこともあるそうです。

確かに既婚者が他の女性を好きになることはありますが、それを肯定も否定もしません。結婚したのに他の女性を好きになるのはどう?真面目に受け止めてください。

単純に惹かれているのであれば、自分だけの心の中にしまっておく、それですむかもしれないです。しかし、恋愛に発展してしまった場合、何をしたらいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

結婚していても他の女性に惹かれているのであれば、少し考えてみましょう。動物であれば、この単純に性欲だけで子孫を作ることができ、しても問題はありません。

人は欲望だけで判断するのではなく、自分にも気持ちがあるから好きになるし、結婚したらその気持ちに飢えているから自然に他の異性に目がいってしまうものです。

結婚した時や付き合い始めた時に、本当に心から愛し合っていると感じたのではないでしょうか。

これを読んでいるあなたが結婚していて、妻以外の女性に惹かれているとしたら、それは結婚生活に感情的な穴が空いているからこそ、それを埋めたいと思っているからです。

奥さんを愛していて、奥さんに愛されていれば、結婚生活にそのような穴が開くことはありません。夫婦関係に無茶があるとまでは言いませんが、少なくとも時間が経つにつれて、今まで愛していた気持ちに変化が訪れることを示しています。

戻らなければならないのであれば、それだけ今のあなたの結婚が重要であり、それは後から決めなければならないことなのです。確かに既婚者が他の女性を好きになるのは事実ですが、それを肯定も否定もしません。

家庭内恋愛ができないと、他の女性と恋愛をしてもおかしくないではないか。では、夫としての妻への愛情はどこへ行ってしまったのでしょうか?

釣った魚に餌を与えないのと同じように、餌を与えずに生きていけると、餌を与えなくなってしまい、奥さんへの愛情が薄れてしまうのが当たり前になってしまいます。

妻を愛していても、自分の気持ちをずっと維持するわけではないので、正直なところ「嫌になる」だけです。

愛してないんじゃなくて、男性には中休みが必要なのです。

単身赴任をしていれば、たまに帰宅したときに家で奥さんと愛を交わすことができるのと同じように、どんな人間でも、存在が当たり前の環境ではだれてしまうものなのです。
このダレてくる気持ちの結果、夫は妻を愛することができなくなったり、女性として見ることができなくなったりするように気持ちが変化し、「他の女性に魅力を感じる」ようになるのです。

実際に浮気をしたケースを見てみると、妻とは全く違うタイプの女性と交際していたり、妻よりは全然可愛くない女性と恋愛関係になっていることがわかります。

結婚には挫折もありますし、気持ちの浮き沈みを抑えるためにも頑張らなければなりません。

男は何かに没頭するあまり、男であることを忘れてしまう。

時代は変わっても、男は仕事のために生きている! そんなイメージがありますよね。

男女平等にもかかわらず、男性はいまだに外に出て一生懸命仕事をしていますが、それはあまり変わっていません。

家庭の中から出て闘いに行く男性、でも闘いに打ち込みすぎると疲れてしまい、男であることを忘れ、そこへ救世主のように現れる女性にあっという間にすぐに惹かれてしまいます。

彼を癒してくれる女性が妻なら問題はないのです。
これは妻を責めるのではないですが、「妻自身も夫に対して思い入れがなくなった」ということで、このタイミングが皮肉にも重なってしまうと既婚男性でも他の女性に恋をしてしまうことがあります。

本当なら、妻と夫がお互いに相手を思い続けることができればいいのですが、お互いに人間ですから、続けられることには限界があります。

仲良しで浮気をしたことがないカップルに聞いてみると、実際には7割の人が結婚後に他の異性に惹かれそうになったと回答しています。

結局、タイミングと妻との気持ちを取り戻せたことで不倫には至りませんでしたが、どの夫婦の間にも必ず気持ちの低下があることがわかります。

結婚指輪を見てそう思うのか、どう思うのかはわかりませんが、他人の妻に恋をすることはあり得ることですし、それを乗り越えて良いカップルになればいいだけのことです。

女性から「男として素敵!」と見られると、
恋に落ちます。

日本人は職場での出会いが一番多いと言われていますが、まさにその通りの経験をした人もいます。

職場で昇進とかして、女性の部下がいて、その女性の信頼を得た時に、男だと思われている可能性があり、それをお互いが実感した時に、お互いに惹かれ合うんです。

今までは単純な関係だったのに、急に「信頼」という言葉が出てきて、男と女のような関係になってしまったというよくある話です。

結婚前で、それがきっかけで付き合うのであれば、それはそれでいいのかもしれませんが、既婚者となると、「素敵ですね!」とは言い切れません。

そして何よりも「既婚者であること」がそれに拍車をかけ、盛り上げてくれます。

このようなケースは、男性が職場で恋に落ちてしまいがちなパターンです。

妻は私を男として見ていない。結婚しても、一定の期間を境に、奥さんはやはり男として見てくれなくなります。

これは特に日本人に当てはまることで、
外国人カップルは年齢を重ねても男女のままだと言われています。

奥さんとの関係が安定して、奥さんから男として見られないのが当たり前になったとしても、
あなたの中にはまだ行き場を必要とする男性の本能があります。

スキンシップだけではなく、女性を愛したい、そのお返しに愛されたいと思っているからこそ恋に落ちるのです。

「男は死ぬまで男」と言われていますし、結婚しても相手がいないと恋愛をしないように落ち着くことはできません。

結婚したことによる理性」といっても、できる人もいればできない人もいます。

妻とスキンシップを持たなくなるのが一番の大敵!?男性は心の中で寂しさを感じています。

不倫を観察してみるとよくある、
夫婦関係の問題でです。スキンシップは同時に心も満たしてくれるので、妻との夫婦生活がなくなると、
体も心も失い、よそにそれを満たす相手を求めるようになります。

単純に考えても、夫婦間がお互いにしっかり愛し合えれば、他の異性に目を向ける必要はないということです。

また、しばらくすると男女ともに性欲が尽きてしまい、個人差があるので、それを一定に保つのは日本人には難しいですね。

妻を見ても何も感じないし、妻は妻で旦那を見ても旦那はただの同居人でしかなく、残った本能が行き場を探すのは当然です。

恋愛経験が少ないと刺激的な出会いに弱い!?

結婚前の恋愛経験は多ければ多いほど良いというものでもないですが、少なくとも経験を積むことで浮気防止にも効果があり、経験が少ないと結婚後にワクワクするような出会いがあった時に一気に惹かれてしまいます。

ある程度の恋愛経験は、結婚後の浮気を防ぐことができます。

私もこのような体験をしました


世の中には、結婚していても平気で他の女性に告白する人がいます。

まっとうな交際をしていた人には信じられないかもしれませんが、実は既婚者から告白されたことがある女性はたくさんいます。

独身で彼氏がいなかった頃の話です。

既婚者の男性に強引に猛烈アタックされました。デートみたいな食事に行った回数は5回ほどありました。 体の関係はきっぱりと断りました。不倫には反対でした。

女性の社会進出に伴い、女性でも不倫をすることが多くなってきていると思います。

既婚女性の友達に彼氏がいたり。みんな楽しそうにしていました。私自身も既婚者の男性と何度かデートして楽しかったのですが、すぐに罪悪感と虚しさがこみ上げてきました。

私もその人のことが好きになりかけていたので、父と母に相談しました。母は問答無用でノーと言っていました。

納得がいかない私のことを、父の言葉では私を外れた道から正常に戻してくれました。

「男ってもんは自分の家庭を持ち始めてから毎日同じようなことが続いているように見えてつまらなくなる時がくる。家族は大切に思っているけれど、遊び相手になってくれる女性もほしいなぁ。と思っているんだよ。」

その後、理性が結構、ぐらぐらしてたので、連絡断ちました。危なかったです!目の前の誘惑で周りが見えなくなっちゃいそうでした。

性欲に支配された関係が不倫。名言です(笑)今後も心にとめ、道を踏み外さないようにします。

好きになってはいけない女性を想う男性心理10選

①結婚後の恋愛に飢えているからこそ、他の女性と恋に落ちる

既婚者であっても、妻(夫)以外の異性と恋愛するのは普通ではありません。

これはあり得る話です。
動物は自分の気持ちだけで子孫を作ることができるし、それは何も悪いことではない。

人間は欲望だけで判断するのではなく、気持ちがあるからこそ愛するし、結婚したら気持ちがあるからこそ愛する

その感情に飢えているからこそ、異性に目を向けてしまうのです。結婚当初や交際開始時の気持ちは「本当に、本当にとても愛している」というものでした。

そうですよね。私も同じように感じていて、結婚して10年目にしてかなりの「心変わり」をしました。

これを読んでいるあなたが結婚していて、奥さん以外の女性に惹かれているのであれば、それは結婚の感情に穴が開いていて、それを塞ぎたくなるからです。

奥さんを愛し、奥さんに愛されていれば、このような穴が空いてしまうことはありません。

結婚に甘さがあるとまでは言いませんが、少なくとも時間の経過とともにそれは、今まで愛してきた気持ちの変化が迫っていることの表れです。引き返したいと思っているなら今です。そろそろ結婚生活を軌道に乗せていきましょう。

②叶わぬ恋…既婚女性を好きになってしまいやすい男性の特徴

これまで独身女性との交際がうまくいかなかった男性は、既婚女性に惹かれていく傾向があります。

例えば、彼女が男性の仕事を理解してくれない、会話が恋愛や結婚の話ばかり、変な駆け引きをしてくるので疲れる

渋々ペアを組まされています。このような悩みを抱えている男性にとって、既婚女性は安心して付き合える異性です。

当初は既婚者である彼女とは、女性としてではなく、友人として会話や話し合いをするようになり、
独身女性にはない落ち着きや、包容力冷静さと、視野の広さを持っていことを知れば知るほど、女性としての魅力を感じることができます。

かつて辛かった独身女性への不満の多くを、既婚女性がクリアしている状態なので恋愛に悩んでいる男性にとって、理想の女性に見えるようになるのです。

③結婚にまったく興味がない

結婚に興味がない男性は、結婚適齢期の独身女性とのデートでストレスを感じるということがよくあります。

結婚に興味がない女性と付き合っているのであれば、それはそれでいいのですが、結婚の事ばかり考えている女性と付き合っているのであれば日常的にプレッシャーがかかり、結婚に対する見解の違いで喧嘩が起こることもあるでしょう。

また、それも増えていきます。
結婚に対する考え方の違いから別れるカップルも多く、結婚適齢期の独身者同士の交際は難しいものです。
毎回彼女と結婚に対する考え方で食い違いが出てくると男性は結婚したいと言わない既婚女性に気持ちが傾いているかもしれません。

結婚に興味のない男性でも、女性とのお付き合いをしたいと思うものです。

しかし、独身女性と付き合っていると結婚の段階でもめてしまうので、既婚女性の方が自分には似合うと思うようになり、既婚女性が恋愛対象になります。

④束縛やベタベタした関係を嫌う

独身男性の中には、女性からの束縛や、過度に干渉されるのを嫌う人もいます。

そのため、恋愛に消極的になってしまったり、女性と付き合っても長続きしなかったりします。

既婚女性のこのタイプの男性への接し方は、このタイプの男性に魅力を感じます。

既婚女性は必要以上に男性を束縛したり、干渉したりが少なくなります。

束縛が嫌いな男性は既婚女性と話をして、束縛しないドライさや寛容さを持っていて自分の考え方に共感すると、相手を好きになることがあります。

⑤都合の良い相手を探している

既婚女性は都合の良いパートナーとして思われがちです。

既婚女性は欲求不満で不倫をしたいと勘違いしている男性が多いのですが、
多くの男性はまた、既婚女性は家庭を持っているため、男性への要求も少なく、後腐れがないので割り切った関係やスキンシップには最適だと思っている人が多いのです。

実際に、割り切った関係の男性と、不倫をして結婚生活のストレスを解消している女性がいます。
男女ともにいますが、本当にわずかであるという事を知って下さい。

⑥恋愛に癒しを求めている

独身女性と既婚女性の大きな違いは、他人に対する寛容さです。

もちろん、すべての女性がそうではなく、家庭に合わせてライフスタイルを変えていく既婚女性は相手に寛容であり、相手に合わせる技術を習得している人妻が多いものです。

このような既婚女性と接していると、心強くて癒されると感じる男性が多いので、恋愛をしたくないという気持ちであったのが、だんだんと好きという気持ちに変わっていくこともあります。

女性に癒されたい男性や、女性に合わせようとばかりして恋愛に疲れている男性は、既婚女性に惹かれる傾向があります。

⑦刺激のある恋愛を求めている

普通の恋愛に疲れた男性は、既婚女性に興味が出てくることがあります。

未婚の女性と恋に落ちても結局は同じことを繰り返すだけだと思っている男性には既婚女性は落としにくい存在ですし、付き合うことができれば、スリル満点の恋愛が楽しめるような気分にさせてくれます。

他の男性の所有物という立場も、男の闘争心を掻き立てることがあるので、独身女性との関係に疲れた男性は、既婚女性に恋をしてしまうことが多いです。

また、独身女性と既婚女性では考え方も微妙に違うので、新鮮な気持ちになることもたくさんあるのでしょう。

⑧どうして独身じゃないの?

男性が既婚女性を好きになったとき、最初に思うことは「どうして独身じゃないんだ!」「なんで結婚しているんだよ!」と思うのです。

結婚していなければ、普通の男女のように告白して付き合えます。しかし、相手が既婚者だったので、告白するのは積み深い気持ちになり、苦しくなります。

会話の中で「○○ちゃんが結婚していなければいいのに…」とか「独身だったらいいのに」とかの発言は、すでに心の中に好きという気持ちががありすぎて苦しんでいる男性がつい口にするセリフです。

⑨このままじゃ好きになっちゃいそうなんだよな

男性が既婚者の女性に恋をした時に、相手に好きだと告白することはあまりありません。

理由としては、既婚者と恋愛してはいけないという社会の常識や、告白したら断られるとわかっているから、もしくは傷つきたくないからという自己防衛の可能性もあります。

また、自分が告白することで、大好きなあなたを困らせてしまうのは心が痛い、と感じている場合もあるでしょう。

しかし、好きな気持ちを抑えられずになってしまうと、「好きになっちゃいそう。」「好きになりそうで怖いんだけど」などと遠回しな言葉で気持ちを教えてくるようになります。

割り切った関係を望む男性は、直接的に「かわいい」「君が好きなんだ」という事がありますが、
そうではなく、あなたの事を本気で好きになった男性であればあるほど、感情を表現することができなくなります。

⑩家族の話はあまりしないで欲しい

人妻を苦しいほど好きになってしまうと、
相手の家族の話を聞くことができなくなるほど辛くなります。

昨日旦那のお弁当を作ったんだけど、、」「最近旦那の帰りが遅くて…。」など、相手が旦那の話をしていると、
暗い表情をして「家族の話はやめてくれないかな? 」などと言ってくるのは、その女性の事を好きになった男性が言ってしまうセリフです。
子供の話はよくてもいいのですが、旦那の話をすると、不機嫌な顔になるのも、その女性を好きだからこその態度です。

他にも、口には出さなくても女性が家族の話をすると、その場から立ち去ったり、無理矢理話題を変えたりするのも、好きという気持ちからくる行動です。

浮気ぐせのある男の具体的な見抜き方 不倫男に振り回されないように


世の中には様々な恋の形があります。

幸せで健全な恋愛ができれば一番問題ありませんが、”好きになってはいけない人 “を好きになっちゃう可能性は誰にでも起こりえる事です。

例えば、恋人がいるパートナー、妻子持ち、社内恋愛を禁止している会社の上司、学校など。先生など …….

気がつくと、この人のことをずっと考えていて、「あの人を好きになってはいけない」と自分の心を自制心で抑え込もうとしていませんか?

そもそもその人を好きになるべきではなかったと思う時点であなたはもう彼女に恋をしてしまったのです
禁断の関係はドキドキするものですが、立場などで好きになってはいけないとわかっていても、なぜかときめいてしまいます。

好きになってはいけない女性を想う男性心理まとめ


男性である以上、男性は本能的に複数の女性と関係を持ちたいと思っています。

その本能的な部分を理性でカバーし、暴走を抑えることができるのは人間だけです。

どれだけ本能に打ち勝つことができるかが問題なのです。イケナイ関係を選ぶのはあなた自身、
その理性がどれだけあなたの中にあるのか、それがどれだけ妥当かにかかっています。

何を考えるかは自由で、考えるまでは許されていて、それを「ぜひ実現させたい!」と強く思ってしまうと物事がややこしくなってしまうのです。それを全て受け入れる勇気はあなたにはあるのかな?

大事なのは冷静になって物事を考え直すことです。人を愛しすぎると、周りが見えなくなってしまい、

気持ちが大きくなりすぎてしまいがちですが、一歩下がって冷静さを取り戻して、この恋は本当に正しいことなのかを考えてみましょう。

あなたがちゃんとした心を持っているならしっかりとした考えと結論を取り戻すことことができるはずです。いるのならば、しっかりとした考えと結論を取り戻すことができるはずです。