【同棲中で別れたいけど自分名義の部屋】円満に別れる5つの手順とその後の対策

付き合っていてうまくいっている時に同棲を始める、始めた当初は本当に幸せで楽しくて・・・。

しかし、同棲したからと言って必ずしもその先に結婚があるわけではありません。むしろ、同棲してこそわかる結婚する前に同棲しておいてよかったという別れる理由があったりします。

しかしただの恋人が別れるのより、同棲している恋人が別れるほうがハードルが上がります。
それは、一緒に住んでいる借りたアパートの名義問題だったり、家具や家電はどちらのものか?など細かいことが発生してきて、別れるという事に時間を要してしまうのです。

それに、うまくいっているときは何も考えないで購入した家電や家具も、ある意味共有財産みたいなものになっているので、別れた後はどちらのものになるかなどめんどくさい案件もでてくるのです。

今回の記事では、同棲中だけど別れようと思っている人の準備と手順、円満に別れるための秘訣などを紹介していきます。

同棲中だけど別れたい…まずは感情的にならず冷静に準備を

同棲中に別れたいと思った時、まずどうすればよいかということからお伝えしていきます。

別れたいと思っても、まず言葉にするのは後にしましょう。少し我慢をして冷静に考えて別れる準備を整えることが先です。感情的に別れを先に告げてしまうことで、後で問題が発生して、なかなか別れられなくなるほうが辛いですよね。

ですので一時我慢して、何が準備として必要なのかを洗い出しましょう。

単純に考えて

起こり得る問題

・この部屋を借りた名義は誰のもの?
・家賃はどのように支払ってきたの?折半?彼持ち?あなた持ち?
・家具、家電は誰が買ったの?誰が用意したの?
・退去する時の物件の約束事はなにかある?

少なくともこういう問題が生じてきます。

例えば感情的に別れを告げて、いままでの家賃を返せ!と言われたら大変ですよね?
だから先に考えられるケースや問題想定をしておくことがとても大切になります。

別れる事を想定して同棲を始めるほど冷静なカップルはなかなかいないと思いますし、同棲する時に別れることを想定としたお金配分などの話もしていないのがほとんどですよね。

なるべく揉めないよう、事を荒げないよう、最初に粛々と準備をしておきましょう。

私も同棲中に別れることになったカップルがいました


私の友達にも同棲中に別れることになったカップルがいました。
前述で注意点を書きましたが、まさにそういう問題が起こったカップルだったんです。

同棲する時はそりゃラブラブですから、何の話合いもせずにスタート。

スタート時点では、彼の家に彼女が入るという形だったので、名義などは問題はありませんでした。
最初から
・家賃は彼持ち
・家電・家具はもともと彼が持っていたもので少し増やしたのは、お互い適当に買い集めていた
・更新時の更新料も彼持ち

という感じです。もちろん深く考えないで話し合いもしていませんでしたね。

その二人が別れる事になった理由がまた、女側の浮気でした。だから男としては、完全に別れは女が悪いと思っていますよね。浮気が原因だからこそ揉めたのもありますね。

この男は、今まで住んでいた分の家賃の半額を支払え、それと家具家電も使用料、家の更新したときの更新料の半額を請求してきたのです。

浮気が理由だったからなおさらなんとか懲らしめたかったんでしょう。

そして私の友人はと言えば、最初とても困っていましたが、自分が浮気した手前、今まで住んだ家賃の半額分の支払いはするという部分だけ飲んで支払いをしました。

毎月少しづつ払うのとは違い、まとまって払うので数十万しますので痛い出費でしたよね。

その後も更新料や家具家電の請求まではしてこなかったものの、絶縁ほどの別れになり、私の友達の女性も男としても思い出したくない思い出になり、忘れたい彼、彼女になってしまいました。

本当は同棲までした間柄なので、過去の恋人の中でも特別な思いでになりうる相手なのに、悲しいかなこんな結末になってしまったのです。

自分名義の部屋を借りてる場合は5つの手順で別れよう


同棲しているおうちが自分の名義の時は、きちんと手順を追って片づけてから別れることにしましょう。曖昧にすると後でもめごとになることも考えられます。別れてからまた揉めるってすごくストレスになりますので、きちんと先に対策を打っておきましょう。

①まずはお金を貯めておく

まず別れたいと思った時に充分な資金があるかの確認です。無いなら貯めてからの解消を考えましょう。でももしDVとかの理由で早々に解消したい場合はだれかに借りるなどアテを探すことです。
とにかくお金が必要です。

お金が必要なのは、
・解消後の住まい
・家賃や光熱費などの今までの支払いに対してのトラブル防止
・同棲するにあたって用意した家具家電のお金のトラブル防止

本当は、同棲する時に決め事をしておくと良いのです。
例えばお互い20万ずつ出して家具家電をこの中から出す、余ったお金は生活費。
そうすれば、まず家具家電の請求はその時点で折半なのでなし。もし、引き取りとなるなら、別れたいほうが諦めるか、どれとどれを持っていくなど話し合うかどちらかですね。

家賃や光熱費も折半なのかどちらが持つのか。できれば折半が一番あとあと文句もないかなと思います。

このような約束事を書面にしておくと良いでしょう。

そして起こるトラブルの予測として、そのお金の支払いの通帳がどちらかになっていると厄介なんです。
どのまま引き落としが続くか、名義変更が必要なので、時間がかかります。

できれば同棲する時には、新口座で全部していれば引き継ぐ方が名義変更すればよいので安心なのですが・・。

もしあなたが出ていくということになって、連絡を取りたくないとなっても、あなたの口座から引き落としがあれば、住んでいないのに払うハメになります。

そういうトラブルがあるので、できれば話合える環境と、ある程度のお金を持っていたほうが良いということです。

②仮住まいを用意する

同棲を解消して出ていくということになれば、あなたの住むところがありません。
友人の家かホテルか実家かとりあえずの仮住まいを押さえておきましょう。

だいたい長くて1ヵ月を目標に新しい住まいへ行けるように段取りしておきましょう。

③別れ話をする

冷静に別れ話をしましょう。なるべく感情的にならないように。
ここで冷静に話合えれば、後々のトラブルになりません。

もし、トラブルが怖いなら、先に同棲だけ解消して別れず、別々に暮らしてから別れるというほうが話し合いがスムーズかもしれません。

同棲解消、別れるとなると一遍に事が変わりますので相手も逆上するかもしれませんし、意地を張るかもしれません。穏便に冷静に済ませる方法を最優先に考えましょう。

④同棲解消の上での話合いをする

ここが一番大事です。
特にお金の事の話合い。

同棲解消においての話合い項目

・今後ここに住み続けるのか否か
・家賃、光熱費の口座変更
・家具家電の引き取りについて

ここの重大な内容をちゃんと話合えれば、問題はないのですが、別れを切り出されたほうが、素直に話し合いをできる状況かどうかが肝ですね。

⑤ちゃんと話合いがついてから新居に引っ越しする

そしてちゃんと話し合いでまとまったら、仮住まいを退去し、新居に入ります。
そして揉める相手なら、新居の先は教えないほうが良いですよね。

それもあるので、同棲してすぐ新居ではなく、仮住まいをはさんだほうが賢明なのです。

しっかりと手順を踏んで円満に別れる為の秘訣


5つの手順を上記で説明しましたが、この手順を踏んでひとつひとつ終わってから別れることが円満に別れるための秘訣なんです。

たしかに別れとなると、今すぐにでも一緒にいたくない、もう出ていきたいという気持ちでしょうが、ここは冷静になって、トラブルやもめごとにならないように、ちゃんとやるべきことをやっておく必要があります。

滅多にないですが、もめごとになり、裁判沙汰になることもあり得ます。別れた後でそのようなことになると憎しみが増えるばかりです。一旦は、同棲しようとまでした仲なのに、最後がこんな結末になるのはとても悲しいし、余計な労力がかかってお互いが大きなストレスを抱える事になってしまいます。

すぐに別れたい気持ちがあっても、グッとこらえてやるべきことをやって別れるほうが、円満に終わります。

別れた後にトラブルにならないように取るべき対策


普通のカップルの別れと同棲しているカップルの別れでは、のちのちにトラブルに発展する可能性を秘めているのが同棲カップルです。

本当に難儀なのですが、同棲するほどラブラブだったのに、別れるという決断をして、その後すぐに別れられないのが一つの難点。でもここで感情に任せてもう連絡を取らないとか、家を出てそのままなんていうことになると、のちのちトラブルに巻き込まれます。

ですので、同棲して別れる場合は、別れる前にある程度準備をしておくことと、別れ話をした後にも、ちゃんと話し合う必要があります。ここを我慢しないと本当にあとで厄介なことになりますので、頑張って堪えましょう。

本当は、同棲時に約束事として解消時のトラブル防止のため、責任の所在などを決めておくとスムーズなのですが、なかなか同棲はじめに別れる前提の話はしないでしょうね。

円満に別れる為に一番大事なことはコレ!


円満に別れるために一番大事なことは「冷静に話し合える時間をもつこと」です。

結局トラブルは、お金が絡むことになってきます。金の切れ目が縁の切れ目というくらい、お金はヒトを変えます。ちゃんとお金の話を冷静にできれば、全く問題は生じないでしょう。

ただ、別れたい気持ちが圧倒的に一方的だと、相手もお金のことは本当はどうでもいいけど困らせるために引き合いに出してくる可能性も高いのです。

ですので、我慢できるなら、一旦同棲解消してから別れを切り出したほうが良いと個人的には思います。