ブロック解除後に連絡がこないのはなぜ?5つの理由と状況!今後の対処法は?

みなさん、LINEでブロックする時は、どんな時ですか?

LINEにブロック機能が付いているということは、何らかの理由で拒否する権利があるということです。

ブロックをしては外すということを繰り返している人も、けっこう増えてきているんですって!

私的には、ブロックというと、もうかなりの勇気をもってする行為だし、されると、この世の終わりかと思うほど凹みますけれども(笑)

意外と、軽い気持ちでブロックってするもんなんですね(笑)

今回の記事では、ブロックをした理由、解除されているのに連絡が来ない理由と状況、対処法などを紹介します。

ブロックをした理由として考えられることは?


ブロックをされるのは、された側のショックがあります。

しかし、ブロックした側としては、それなりの理由があったりするんです。

ブロックをした理由として考えらえる事ってどんなことがあるのでしょうか。

ブロックをする理由

①嫌いだから
②恐怖を感じるから
③関係を切りたいから
④周りの人から何か言われたから
⑤嫌なことをされたから
⑥困らせたいから

ブロックをされる、またはする理由というのはさまざまな理由や背景があるのです。

私はこんなときブロックをします


ちなみに私がブロックする時を紹介します(笑)

私がブロックをするときは、別れた恋人、しつこい人、恐怖を感じる人です。

別れた恋人というのは、嫌いになるという点でもありますが、私はどちらかと言えば自分が未練を断ち切るためにブロックをします。

立ち直ろうとしているときに、相手から連絡があるとまた始めからやり直しの気分になってしまうんですよね。
だから別れたら気持ちも断ち切るためにブロックします。

しつこい人もブロックするのですが、しつこいと言っても営業やちょっとした知り合いの場合ですね。
友人だったら少しいやな気持ちになったりしてもブロックまではしませんね。

あとは、恐怖を感じる人は早い段階でブロックします。
ストーカーになりそうなタイプの人、宗教の勧誘を感じた時などなど、身に危険を少しでも感じる相手はブロックをします。

ちなみにこの3つの中で、ブロック解除があり得るのは、一番最初の別れた恋人ですね。

未練を断ち切り、もう次に彼氏もできて・・という状態であれば解除はできます。
・・・が、あえてわざわざ解除することもしないでしょうね、思い出すこともなくなっているので(笑)

ブロック解除後に連絡がこない5つの理由と状況


さてさて、ブロックを一時期されていて、解除されたのに、連絡が来ない・・ってどういう状況なんでしょう?

ブロック解除後に連絡が来ない5つの理由と状況を分析してみましょう。

①周りの誰かから止められている

もしブロックした理由として、恋人との別れであった場合、ブロック解除したときにはその相手にはもうすでに恋人がいて、連絡を取ることを止められているケースが考えられます。

この場合は、仕方のない理由ですよね。

ブロックをしていた時間が短い期間だとしても、確実にその人の時間も流れていますので、そうなる可能性は考えられます。

②夢中になる何かを見つけている

ブロックを解除した頃には、仕事が忙しくなった、新しいコミュニティーができた、夢中になる趣味ができたなど、連絡をしようとは思わないほど夢中になる何かがあるという状態です。

人は何かに夢中になると、他の事への興味関心が失せてしまいます。

時間が経過しているので、その間の環境の変化から連絡がこないということですね。

③不安や心配の気持ちから連絡しづらい

ブロックは解除されたものの、一度ブロックされているということは、『拒否』をされたことに変わりはないわけです。

そうなるといくらブロックを解除された状態になっても、ブロックをされた事実に軽いトラウマを覚え、連絡をしづらくなってしまうわけです。

またブロックされたらどうしようなどという不安な気持ちもありますしね。

④拒否られて傷ついた、または怒っている

ブロックということは拒否とイコールです。

拒否をされて傷つけば、今後連絡を取る気になるのはなかなかないでしょう。

傷つけられたというトラウマ、もしくはブロックに対する怒りが収まらないという感情の長期化により、解除からの進展ということは残念ながらしないでしょう。

⑤アカウント変更、携帯変更をしている

ブロックされている間に、携帯の解約をしている、ラインアカウントを新しくしているなどの可能性もあります。

それは偶然のタイミングの行為かもしれないし、ブロックをされたことへの何らかの気持ちの変化からの行為かもしれません。

そうなると、ブロックを解除したことも知らないままの状態というわけです。

一番考えられる有力な理由はコレ!

上記のブロック解除をしてから連絡がこない理由の中でも、考えられる一番可能性が高いものがあります。

それはやはり、ブロックに対しての怒り、傷つき、不安、心配という感情の変化でしょう。

その感情の変化により、ブロック解除されたところで、連絡をする気になれないということです。

ブロック解除後に連絡がこない、そこからの対処法

ブロック解除後に連絡がこない。
でも自分としては、連絡を取りたいという場合は、慎重に連絡することが大切です。

相手が傷ついたり、怒ったりしている場合は、あなたの状況と温度差があることが考えられます。

そこで『げんきー?』などどいう軽い連絡は、逆なですることにもなります。

きっと連絡を取ったときにも、なぜブロックをしたのか聞かれるだろうし、聞かなくても一番気になっていることでしょう。

ちゃんとその状を説明し、理解してもらえる言動が自分で取れるかどうか考えてから連絡してみましょう。

素直に、『また一緒に話がしたくて』『きちんと話がしたくて』など、誠実に思いを伝えることが大切になってきます

ブロックするとき、されるときの注意点


前述してきましたが、ブロックすることは相手の感情をマイナスにしてしまう確率がかなり高い行為です。

ブロックしようとするときは、自分自身の感情が高ぶっているときの勢いの可能性もありますよね。
そんな時は、いったん深呼吸して、冷静になって本当にブロックするべきなのか?してあとあと後悔しないのか?ということをちゃんと自分に問うことです。

そして、ブロックされたときは、必要以上に勘ぐって落ち込みすぎないようにしてください。

相手は感情の高ぶりで、勢いでブロックしている可能性もあります。

同時に、あなたがブロックされる原因になる何かをしたのか振り返ってみてください。

そして思い当たることがあれば、黙って受け入れる、もしくは友達などを介して話し合えるようにしましょう。

しかし、自分に非があることが思い当たらなければ必要以上に落ち込むことは必要がありません。
考えすぎないようにしましょう。

とにもかくにも、ブロックをするという行為は、人間関係に亀裂を入れることになる思い行動だということは、認識して、軽い気持ちや勢いでしないことをおすすめします。